学生ローンの注意点

Money

学生の範囲について

学生ローンは、学生であれば利用することができるローンです。しかし、学生とはどこまでの範囲なのでしょうか。
これについては、業者によって異なります。一般的には、大学生、大学院生、短大生、専門学生が含まれます。しかし、ローン会社によっては、予備校生が含まれることもありますし、専門学生が含まれないこともあります。基本的に、アルバイトなどで定期的な収入があれば、専門学生、予備校生でも学生ローンを利用できるところはたくさんあるので、安心してくださいね。

滞りそうな時の対処法

学生ローンで返済が滯ってしまった場合は、お金を借りる時の利用規約にある違約金を支払わなくてはならないことがあります。
これは、通常の利息に上乗せされて支払う必要があります。また、返済は日割りで計算されているので、返済日が遅れれば遅れるほど支払額が増えていきます。
もし、返済が滞りそうなときは、事前にローン会社に連絡しましょう。連絡をしなかった場合は自宅、もしくは実家に督促状が送られてくることがあるので、注意しましょう。

リボルビング方式

リボルビング方式とは、返済する時に、業者が取り決めた金額を毎月返済する方式のことです。毎月の返済額が決まっているので、収入の少ない学生でも無理なく返済することができますよ。

アルバイト先が変わった時

学生ローンの返済を受けている時に、アルバイト先を変えてしまうと、給与の支払日が変わります。給与の支払日が変わると、返済できないということに繋がるため、ローン会社に返済日が変更できないか相談してみましょう。

個人情報は守られている

学生ローンで借り入れると、就職活動に影響してしまうのではないかと心配になりますよね。就職活動において、お金を借りたという情報は個人情報保護法で守られているので、外部に漏れることは基本的にありえません。しかし、情報管理がでたらめなローン会社では情報が漏れることがあるかもしれません。
インターネットキャッシングであっても、その業者が日本貸金業協会に入会していれば、基本的には信頼できますよ。